記事一覧

2021年の BEST スニーカー 3選

2021年のスニーカーシーンを彩った名作3足+αをセレクト

昨年に引き続き数多くの名作スニーカーが誕生した2021年。例年通り〈Nike(ナイキ)〉および〈Jordan Brand(ジョーダン ブランド)〉は根強い人気を維持していたものの、他のメーカーも話題のモデルを次々に発表した。コラボレーションモデルが豊作の年でもあったが、インラインモデルや過去の復刻モデルも充実。

1.【大人気】ナイキ エアージョーダン スニーカー コピー ナイキAIR JORDAN 1 RETRO HIGH OG "UNC" 555088117

オリジナルは1985年4月にUS定価$65で発売されました。デザインはPeter Moore氏で、3本線で三角形のアディダスのパフォーマンスロゴをデザインした人物としても有名です。ウィングマークはPeter Moore氏が飛行機での移動中に見た、アメリカ空軍のパイロットウイングのレプリカにインスピレーションを受けてデザインされています。当時日本では赤×黒、赤×白×黒、白×灰、青×白、白×青メタリックが発売されました。
1985年の発売以来初めての復刻となったこちらのカラーは通称「UNC」。当時は日本未発売でアメリカ国内のみの展開でした。マイケル・ジョーダンの母校である「University of North Carolina(ノースカロライナ大学)」のチームカラーであるブルーとホワイトを落とし込んだ1足です。


2.【グッチ バレンシアガ 偽物】Triple S 偽物ウィメンズ スニーカー 677192ULZ109795

グッチのAria コレクションでは、ファッション業界につきものの問題である、真正性と引用の概念を掘り下げた「ザ ハッカー プロジェクト」が発表されました。バレンシアガに敬意を捧げて、その象徴的なシルエットにグッチのコードを融合させることで、アレッサンドロ・ミケーレ流の独自のピースが誕生しました。この“Triple S”スニーカーは、グッチを代表するGGスプリーム キャンバスで仕立て、全体にバレンシアガ プリントをあしらっています。


3.フェンディロゴ ホワイトレザーロートップ スニーカー

ホワイトレザーロートップ
ラバーキャップソールが特徴のレースアップスニーカー。
感光材技術を駆使し、光を当てるとイエロのアイコニックなFFパターンが浮かび上がるデザインです。

コメント一覧